2008.7.16.

2008年度経営基礎ゼミナール受講生、終了時の一言

ゼミ終了日の受講生の感想です。原文のまま掲載しています。


楠 田  今回この経営基礎ゼミナールでの最後の課題である小論文にとりかかっていますが、なかなか進み具合がよくありません。それは自分自身の中でうまくイメージができなかったからです。何について書こうと考え、タイトルとサブタイトルを考え、どういう構成にしようかまとまっていない状態でしたが、今日のゼミで他の受講生のテーマを拝見することができて、いい刺激をうけました。さっそく帰ってからとりかかりたいと思います。少しでも良いものが完成するように努力します。ありがとうございました。
江 藤  完成度の高い論文を作成したい。
伊良皆  今回は小論文を書いていく上でのタイトル、サブタイトル、目次の作成の仕方について、実際に皆が提出した課題を例に学んだ。皆目のつけどころが様々で、小さな問題から世界規模に及ぶ大きな問題まで取り上げていたと思う。私はこのような小論文を作成するのはあまり慣れていないので、皆の例で良い部分や不適切な部分を把握することができてよかったと思います。また、自分の課題にもアドバイスをもらったので対応していきたいと思います。
江 口  論文とは思いつきで書かず、調べて書くこと、資料を調べ分析する。客観的表現で分かりやすく伝えることが重要である。最もしてはいけないこと「盗作」は絶対にするべきことではないと思いました。引用したものは、自分で理解し表現すること、そして、できるだけ少なくして、オリジナルと引用を分けて典拠を明示することをきちんと守っていこうと思いました。今後、論文のルールを守り、応用して活用していこうと思いました。
黒 岩  今日は論文の最終チェックをしました。最後に言われたことを忘れず、ちゃんと論文に生かすことができればよいと思いました。客観的に書く文は難しそうだけれど、頑張ろうと思いました。このゼミで日本語の正しい使い方や大学卒業した人はどうあるべきかについて学んだので、卒業する時はそのような人になっているように大学生活を送ろうと思いました。
岩 下  論文にタイトルやサブタイトルをつけることが、こんなに難しいとは思っていなかったです。しかし、今日の授業で他の人のタイトル・サブタイトルを見せてもらい、とても参考になりました。また、もう一度タイトルのつけ方から考え直して取組みたいと思います。このゼミで提出物の出し方を中心に論文の書き方など勉強できてとてもよかったです。これからこのゼミで学んだことを活かしていこうと思います。
吉 武  自分で自由に論文の内容を考え、タイトル・サブタイトルをつける作業は思っていた以上に難しかった。自分ではよいと思っていた点も、まだまだ言葉が足りなかったり、つながらなかったりと指摘されて気づくところが多かった。このゼミでは、経営というより社会人として必要な知識や常識などを学ぶことができ、よかったと思う。大学生活でできるだけ多くの本を読み、語彙力を増やして卒業したい。
石 橋  今日は小論文を書く前のタイトル・サブタイトル、そして目次を書く段階を見た。小論文を書くのは自分にとってとても難しいことだが、目次を決めるのはもっと難しく感じた。目次によって内容が決まるし、それに沿って文を組み立てなければならないということが困難だ。作るからこそいいものを作りたいと思うので頑張りたいと思い。そして、ゼミを受けてみんなに出会えて、この今野先生の下で毎週ともに学べたことを嬉しく思う。このゼミで学んだことをこれからの人生の土台として日々精進していきたい。お世話になりました。
山 下  基礎ゼミでは高校時代にならったこと、ならわなかったことをさらに詳しく学ぶことができ、入学したころよりとても大きく成長できた気がします。また、今度もさらに成長できるためにならったことを生かしていきたいと思います。
田 中  今日で最後のゼミとなった。みんなの論文のタイトル・サブタイトルを見ていると、環境問題や政治などに注目していて驚いた。自分は難しいことはできないが、心理学に興味があったので、人の心の動きについて論文を書いてみようと思った。8月1日にいいものを出せるようにがんばりたい。今までありがとうございました。
立 川  今日は論文についての課題をみんなで見ていました。みんないろいろな題名で論文を書こうとしていてすごいなと思いました。自分はあまり何も考えていなくて、見習わなければならないなと思いました。小論文は書いたことがないのでがんばりたいと思います。わからないことがあったらトモダチにきいたり、先生にきいたりしたいなと思いました。前期の授業楽しかったです。課題がんばりました。
温 田  今日は最後のゼミの授業だった。他の人のタイトルや章の題名を見て自分が書くときの参考になったのでよかった。自分が考えていたよりもたくさんの話題が出てきて書く幅を広げることができた。小論文を書くときにはタイトルとサブタイトルなどの意味が重複しないように気をつけたい。いい小論文がかけるようにがんばりたい。
福 元  今日はこのゼミの最終回の日である。いつもとは違う緊張感があった。いつものように前回の復習から始まり、大切な部分をまとめた。注意するのはWebサイトの情報である。インターネット内の情報の中には、嘘の文、事柄が多く載っている。その情報の源はどこかということをしっかり確認する。「章」と「節」はある程度くらいにしておく。「はじめに」は項目に分ける必要はないということも初めて知った。引用も使うと思うが、引用の仕方も今からしっかり身につけようと思う。
坂 井  今日は最後の授業なので、このゼミのまとめでした。ゼミの最後の課題として小論文が課されているので、論文の構成の仕方について学びました。自信を持って自分の構成を提出したのですが、指摘点が多くあったので、構成しなおし、作成していきたいと思います。ゼミ自体は課題が多くたいへんでしたが、ゼミ生全員と仲良くできたので楽しかったです。ゼミが終わっても交友を深めていきたいです。
権 藤  これまで学んできたことを踏まえて、今の自分のできる精一杯の力で小論文を完成させようと皆のタイトルを見て思ったので、頑張ろうと思いました。
後 藤  今日は最後の授業でした。私の書いてきたサブタイトルが指摘され、一緒だなと思い、論文を書く時はより良いサブタイトルを考えようと思います。この授業では文章の書き方や、自分たちでアンケートを調査したりと、これから私たちが社会に出たとき全てが活用できるものだと思います。だから、今、大学生のうちにやるべきことをして、社会にでても通用するような大人になります。14回の講義ありがとうございました。
杉 町  今日の講義を受けて、今日が最後のゼミナールだったので、今まで学んだことをフルに使って小論文を良いものにしたいと思いました。そして、これまで学んだことをこれからも活かしていきたいと思いました。
宮原(真)  今回の授業では小論文の最終段階までいきました。今まで学んできた文章を書く時の注意点や必須事項を書き落とすことのないように、課題に取り組みたとい思います。ゼミではみんなと仲よくなることができた。また、社会人になるために必要なことを学ぶこともでき、とても充実したゼミでした。みなさん、これからもよろしくおねがいします。
豊 田  このゼミを通して学んだことはこれからの自分に役に立つことが多く、ゼミをとってよかったと思う。特に論文に対する意識が変わるようなことをたくさん知ることができた。また基本的なことでは、「人の話を聞く」「聞いたことはノートに写す」「復習する」など、あらためて当たり前だが大事なことを学んだ。最後に4000字以上もある論文を書くことが残っているので、自分が学んだことを使って書くことを目標に取組んでいきたい。
本 田  今日の授業の内容は、皆が作ってきた論文のタイトルを先生のコメントとともに見ていくものだった。みんな個性があり特に「サブプライムローン」や 「郵政民営化」など興味がわくものがあった。自分の紙がきたないと注意を受けた。だから今度はきれいにそして論文を最高のものに仕上げたいという感情がでた。でも、字がきたないのは本当に直さなければならないなあ。4月から7月まで3か月半、これからも自分を持っていこう。

経営基礎ゼミナールのページへもどる。
今野孝のホームページへ。