更新:2002/3/31 09:15:00

今野ゼミナ−ル 卒業生(OB・OG)のページ

 今野ゼミの卒業生の皆さんからのお便り、ニュースなどを紹介しています。どうぞメールをお送りください。卒業生の皆さんの輪が広がって、いろいろな場面で互いに協力することができればすばらしいことです。
 今野ゼミ以外のOB・OGの方も、どうぞご遠慮なく。

   メールの宛先: 

卒業生のページ 最新のページをみる。

卒業生のページ 2001年3月以前のページをみる。
卒業生のページ 2000年3月以前のページをみる。
卒業生のページ 1999年7月以前のページをみる。


2002年3月27日

 新OB
平田さんからさっそくメールをいただきました。2年間のゼミではいろいろなことがありましたが、幹事としての尽力に心から感謝しています。これからが本当の勝負! 卒業生の皆さん、全力で頑張ってください。 


 先日は記念品などのお気遣いありがとうございました。私にとって良き大学生活の思い出となりました。
 ゼミでの2年間を振り返りますと、今野ゼミで幹事を務めさせていただきましたが、私の力不足で皆をまとめ、ゼミとしての活動を積極的に行うことができなかった感があります。
 また、私の経験不足で先生に対して、失礼を行ったことも多々あったように思います。それでも、あきれずにご指導をしてくださり、本当に有難うございました。
 私にとっては、この2年間は大きな転機となりました。先生から、積極的に行動する自己意識、学ぶことの楽しさ、学ぶことの意義などを学ぶことができたからです。
 これから、私の人生はどうなっていくかはわかりませんが、この2年間で学んだことは私の人生を有意義にしてくれそうです。これからもご指導ご鞭撻(本当の意味で)、どうぞ宜しくお願いします。

平 田

2002年3月25日

 2001(平成13)年度の卒業式が挙行されました。皆さんのこれからのご活躍に期待します。どうぞ、今年の卒業生の皆さんもぜひOB・OGのページにご参加ください。


2002年2月13日

 シンガポールの井上さんからのメールです。束の間の旧正月休みは休養になったでしょうか。ヨーロッパからのお便りもぜひ送りください。


Subject: 旧正月に入りました。
Date: Wed, 13 Feb 2002 01:23:30 +0800

今野先生

 ご無沙汰しております。ここSingaporeは12日、13日は旧正月のためお休みです。弊社もここSingaporeにある部門は我々Logistics Centreを除き、今週一週間お休みになります。我々は13日まで10日から4連休だけで、14日から通常稼動に戻ります。本当はこの連休を利用して日本に戻ろうと考えておりましたが、15日の夜からまたBelgiumへ出張しますので控えました。
 この4日間を利用して色々と溜めた仕事を片付けようとしていましたが、なかなか思うようにはかどりません。元来の怠け者の血が許してくれないようです。12、13日の両日、Singaporeは20年前の日本の正月のようで、お店はほとんど閉まっていますし、人通りも少なくなります。ちょっと懐かしいですね。テレビもそこそこ正月番組らしきものをよくやってます(中国語ですので内容はさっぱりわかりません)。頼りのNHKの国際放送も「放送権の都合」でオリンピックの映像は一切流れません。冬季オリンピックにはここSingaporeからはだれも参加していませんし、みんな興味がないので多分放送権を持っているローカルテレビ局もほとんど扱うことはないのでしょう。日本選手団の活躍は、インターネットで見るだけですが、長野の時のようなリアルタイムでの感動はありません。残念です。

 昨日はついつい夜更かししてしまい、朝まで本を読んでいました。以前、弊社の常務がこちらを訪問したときに勧めてくれた本です。「The Goal」というエリヤフ・ゴールドラットというイスラエルの物理学者が書いた本で、ダイヤモンド社から刊行されています(もちろん訳本です)。我々メーカーの人間が読むとつい引き込まれてしまう内容です。米国ではかなり有名な本のようで、MBAを取得する際の副読本にも推薦されています。学生諸君が読んでも面白いと思いますが、まったく興味が持てないかもしれませんね。ただ、これから会社に入って色々な部門を通して仕事をしていく上で、必要な内容が書かれていますのでできれば読んでおいたほうが良いかと思います。500頁以上ありますから読み応えがあります。とある生産効率の悪い、不良在庫を抱えた、キャッシュフローも最悪な工場が、わずか数か月で再生する話ですが、なにも生産管理に限らずこの手法は効果的です。この内容を元に我々のセンターも仕事の内容を再検討することにしました。(またひとつ仕事が増えてしまいました。)

 そうそう、以前メールを出したときに困っていたWinXPはなんとかセットアップ完了しました。教えていただいたサイトにしっかり問題点が書いてあり、単にファイヤーウォールの設定の変更だけでLanに接続できました。しかし、このXpを導入するのは結構大変ですね。なんだかんだと3回もPCのフォーマットをやりなおしました。起動が以前のOSに比べ異常に(本当に立ち上がっているか心配になるほど)早くなっていますので気に入ってます。ただ、時々HDから異音がするのが気になりますが、ソフトも快適に動いていますし、良しとしましょう。

 今週末はヨーロッパです。今度はBrusselsとかちょっと観光する余裕もあると思いますので写真がとれればお送りします。
 日本はまだまだ寒いようですね。お体にお気をつけください。
 井 上

JVC Asia Logistics Centre

2002年2月6日

 大学院の
諸原さんからです。昨年は大変な一年だったようですが、今年は大学院最後の年になりました。少々の波乱は人生にはつきもの。元気に乗り越えて明日を開きましょう。応援しています。

 かなり、お久しぶりの諸原です。このOB・OGページは見させていただいていましたが、諸処の事情でメールすることを控えさせていただきました。別に出そうと思えば、出せたのですが・・・。
 さて、去年の私は自分の事もしくは他動的な事柄に巻き込まれ、大変な時期を過ごしました。箇条書きにすれば、沢山の重たい思い出を並べることができますが、ここでは語りません。ただ、こういう時期も人生における試練、ひいてはこれから先の糧になるべきものだと認識していこうと思っています。今年に入って一ヵ月がたちましたが、ようやく去年一年を何とか笑って振り返る余裕が出てきたというところでしょうか?だから近況を伝えることに踏ん切りがついたような気がします。個人的に抱え込む癖はいつもながら悪癖と思います・・・・。
 それで、現在の私は福岡大学の大学院にまだ在籍しております。身分的には博士課程後期の三年目になります。来年度で満期になる状態で、何とか職の安定を!と考えている次第です。そういう意味で今年は自分にとって重要な年となると思いますので、今年の目標としては焦らず、着実に物事に対処していきたいと考えています。
 全くもって抽象的で具体性の欠いた読みにくい近況報告ですが、また連絡いたします。
 因みに、去年は厄年でしたが、見事に当たりました。後厄が酷くないように祈るばかりです・・・・。


  -----------------------------
  福岡大学 大学院           
  商学研究科 商学専攻 日本商業史
  諸 原
-----------------------------


2002年1月29日

 いよいよ本格的に勤務開始。鹿児島に赴任された上田さんからのメールです。縁は異なもの。不思議な「ご縁」もあります。これからのご活躍に期待します。鹿児島の情報などもお送りください。


今野教授

 遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。教授におかれましては、後期試験の真最中でお忙しいことと思います。
 さて、鹿児島での生活(いや店での生活かも)にも慣れまして、このたび、待望のパソコンのメールアドレスを取得いたしましたので、鹿児島の住所とともにお知らせいたします。それにしても、久しぶりにOBのページを拝見したところ自分の話題が掲載されていて驚きました。さらに、お店(ロイヤルホスト城山店)にもおいでくださったとか。お店にはまだ私の赴任が知らされておらず大変失礼いたしました。
 また、シンガポール研修旅行でお世話になった井上先輩のお子様が無事誕生されたとのこと、健やかなご成長をお祈りいたします。それでは、またご連絡いたします。

  
  ロイヤル株式会社  ロイヤルホスト城山店   上 田

2002年1月4日

 皆様、明けましておめでとうございます
 昨年は本当にいろいろなことがあった激動の一年でした。今年こそいい年になりますように。今年もたくさんのうれしいお便りをお寄せください。


今野先生
 
 新年明けましておめでとうございます。
 旧年中は大変ご迷惑をおかけいたしました。貴重なゼミの時間を頂き、ろくな話もできずまことに申し訳ありませんでした。
 昨年は本当にいろいろなことがありました。今考えてもちょっとぞっとします。今年こそは平穏無事な一年を過ごしてみたいと思っています。

 先月に自宅のメインをWindowsXPにアップグレードしてみましたが、なぜかネットワークに入れません。Pingは通るのですが、ネットの設定が悪いのかこちらからも見えませんし、他からも見れません。なんとも気持ちが悪いので色々と設定を見ていますが未だ解決出来ていません。解説本には実に簡単に接続できるように書いてあるのですが。しばらくかかりそうです。
 それから、連絡が遅れましたが、自宅のアドレスが変更になりました。しばらくは前のアカウント(So-netのやつ)でも転送されますので大丈夫です。
 シンガポールは相変わらずの暑さでいやになります。明日(2日)から仕事はじめです。日本はかなり寒いと聞いております。お体にお気をつけください。今年も何度か日本に戻ることになりそうです。また連絡します。

追伸:子供の写真を添付します。息子はおかげさまで順調に育っているようです。ちょっとお乳の飲みすぎで二重あごになってきているのが気になりますが。生まれてからもうすぐふた月になりますが、体重が5キロを超えたそうです。
智喜ちゃん(2001年12月9日生まれ)

T. Inoue


2001年11月24日
 11月22日に鹿児島城山観光ホテルで開催された有信会鹿児島支部総会に出席させていただきました。福岡大学の同窓生、有信会の強い絆を感じました。
 鹿児島の皆さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。鹿児島支部の皆様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。


吉瀬鹿児島支部長
吉瀬鹿児島支部長
七隈トンビ

 本学では一番古い伝統をもつ商学部だけに、吉瀬支部長様はじめ商大時代からの大先輩、商学部の卒業生の皆様に大勢お目にかかることができました。勿論各学部の100人を超えるOB・OGの皆さんにもお目にかかりました。皆さん鹿児島で、各分野で大活躍していらっしゃいます。本当に心強い限りです。

鹿児島放送タマリさん
抽選会

 総会の後、古賀光雄OB(商学部非常勤講師)による講演がおこなわれ、つづく懇親会はタマリさん(鹿児島放送リポーター、体育学部OB)の楽しい司会。当日開催されたゴルフコンペの表彰式、抽選会などで大変盛り上がって、みなさん旧交を温めていらっしゃいました。最後は校歌の大合唱、そして水溜政典OBの熱演、恒例の「七隈トンビ」でお開きとなりました。

 有信会鹿児島支部の皆様、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

【当日会場でのひとこま】
MPEG4形式です。対応ソフト、容量にご注意ください
 抽選会
(約300kB)
 七隈トンビ(約1MB)

ついでながら・・
 ご挨拶の最後に、あまりにタイミングが良かったので、下の上田さんのお話を披露させていただきました。
 ところが、この話をしたところ、これまたびっくり。今年卒業した
岩切さん(鹿児島銀行勤務、商学部石田(重)ゼミOB)からご挨拶をいただき「上田君は僕の友人です。鹿児島に来ることは聞いていましたが、今年初めて総会に参加して、彼のことがお話にでて、びっくりしました。」来年の総会にはきっと上田さんも一緒に参加されると思います。人の輪、ネットワークの重要性とすばらしさを強く感じた一夜でした。


 鹿児島支部総会の前日、21日のことでした。まったくの偶然ですが。今年卒業してロイヤルに入社した上田さんから、鹿児島、しかも城山店への配属が決ったとのお知らせをいただきました。


 ご無沙汰しております。配属先が鹿児島・ロイヤルホスト城山店に決定しましたのでご報告いたします。

        ロイヤル株式会社 上田

 直ちに、22日に鹿児島に行くことをメールでお伝えしました。鹿児島に着いて会場に入る前にメールをチェックしたところ、次のようなメールが届いていました。どこに行っても福岡大学のOB・OGがいる。心強いことです。今年の春、福岡大学の卒業生は18万人を越えたそうです。4年後には20万人の大台にのることになります。


 今野 孝教授
 鹿児島入りするのは12月16日の予定です。有信会ですか。しかも、城山で!!
福大の規模の大きさに改めて気付かされます。
 そういえば、ロイヤルの先輩社員の方の中にも福大商学部OBが何人かいらっしゃいます。もしかしたら、共通の知り合いがいらっしゃるかもしれませんね。では、鹿児島での住所など分かりましたらまたメールいたします。
     上 田


2001年11月24日

 シンガポールから帰国中の井上さんが11月15今日、大学を訪ねてくださいました。2時限目の3年生のゼミに参加していただき、勤務先の JVC Asia Logistics Centre の紹介や、ご自身の業務についてお話をしていただきしました。
 学生時代の話、就職活動の話、海外勤務が決った時のことなど、ゼミ生諸君は興味深く拝聴していました。国際物流の最前線で活躍する先輩の話に、ゼミ生諸君は果たして何を感じ取ったでしょうか。

 貴重な時間をさいてくださった井上さんに心から御礼申し上げます。ゼミ生の諸君も、卒業後には彼らの後輩にどんな形であれ力をかしてくれるOBやOGになっていただきたいと思います。

 ご帰国後の井上OBからメールをいただいています。ゼミ生諸君もメールでの交流が続いているようです。
 井上さん、大変ありがとうございました。これからもどうぞよろしく。


今野先生
 先日は大変お世話になりました。貴重なゼミの時間を頂戴しながらなかなかご期待に沿えるような話ができず恥じ入るばかりです。誠に申し訳ありませんでした。
 昨日夕方に無事シンガポールまで戻ることができました。福岡空港でトランクを開けて全数検査しているグアム行きと時間がかち合ってしまいX線を通すだけの台湾行きとかシンガポール行きも結局この列に飲み込まれて結構な時間がかかってしまいました。シンガポールには時間どおり到着しましたが、時差ぼけがない分、気温の差が激しくて気温ボケになったようで変な感じです。
 
 それではまた連絡します。これから寒くなると思いますがお体に気をつけてお過ごしください。今回お会いできず残念でしたが、奥様にもよろしくお伝えください。

21st Nov. 2001

T. Inoue
JVC Asia Logistics


2001年11月14日
 
井上さんから長男ご誕生のお知らせがありました。お子様・奥様がともにお健やかにすごされるようをお祈りします。ご帰国中にぜひお目にかかれればと考えています。


今野先生

 9日朝に男の子が生まれました。私が日本に戻ってきたのが9日の朝6時、9時には会議をはじめており、とっても会議が盛り上がっているところで生まれたようです。
 体重は2,800くらいで母子ともに問題ありません。名前はいろいろと家族親戚ともどももめましたが、最終的に「智喜」(ともき)で決定致しました。明後日くらいまで嫁と子供は入院するようです。それまでは実家でゆっくりさせてもらいますが、退院後はたぶん地獄でしょう。
 取り急ぎ、報告いたします。また連絡します。

  井 上

2001年11月7日
 
山田さんからのお便りです。現在、新たな世界で活躍中。家業の焼鳥「信ちゃん」も手伝いながらの新たなる挑戦。みんなで応援しています。


今野先生

こんにちは。大変ご無沙汰いたしております。山田真司です。
 最近、七隈祭の情報をあちこちで目にして、3、4年前の学生生活を思い出すことが多い毎日です。先日、先生にお話ししました通り、10月から転職いたしました。これまでは、家業の焼鳥屋で両親の後を継ぐ決意で働いてきましたが、8月頃に知人の方から新しい仕事のお話をいただいて、悩んだあげく転職を決めました。新しい仕事はホテルでして、以前の仕事とは接客業ということ以外は何の接点もないです。

 ホテルでは、主にフロントを中心に仕事をしています。個別に研修があるわけではないので、実際に現場で働きながら、仕事を覚えなくては行けません。要領が悪く物覚えも悪い私、お客様、従業員の皆さんに迷惑をお掛けしています。ホテルは24時間営業のようなものですから、当然真夜中も交代で従業員が勤務にあたります。女性の従業員は主に昼間の勤務にあたり、男性の従業員は夜間の勤務がメインになります。私の勤務時間帯も、夕方4時から翌日朝9時までの17時間勤務です。

 業務の内容は、フロントと申しましても、チェックイン、チェックアウト、宿泊予約等の接客だけでなく、ベルボーイ的な仕事もありますし、大変なのが、会計業務です。接客の合間をぬって会計業務(レジを締める作業ですね)を行いますので、ゆっくりする間はほとんどないです。お金が合わないときなどは、原因がわかるまで家に帰れませんから。山の様に伝票があり、お客様の決済方法も現金から、クーポン、カード、売り掛けと様々で、数字とお金と向かい合っている時間が非常に長いです。また、この業界はやたらと横文字が多いのです。それが、余計に頭を混乱させます。

 このホテルでの仕事も、ようやく1か月が過ぎました。毎日、メモを取りながら仕事を覚える毎日です。早く戦力と認められるようになりたいと思います。もちろん、家業も手伝っています。なじみのお客さも多いですし、友人・知人も足を運んで下さいますので。私も包丁を握ってお魚を扱うのが大好きですから。

それでは、失礼します。
                山 田

2001年11月2日
 九大大学院の
草野さんからの「見学記」続編がとどきました。三池に続いて池島も閉山。いよいよ九州から炭鉱が姿を消すことになります。唯一国内に残る炭鉱となる北海道釧路の太平洋炭礦の見学記です。


 こんにちは。大学院の草野です。今日もまた、少々長い文章を書いてしまい、いつもいつも今野先生にはお手数とご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございません。なお、前回送信しました夕張での見学につきましては、夕張石炭博物館の青木先生にたいへんお世話になりました。その時、青木先生から「私が九州に行った時は、今野先生と東定先生に随分お世話になったのですよ。ですから、その教え子のあなたを丁重にもてなさなくてどうするのですか。罰が当たります。」と、とても温かい言葉をかけて頂きました。(それにあまえて随分ご迷惑をおかけしてしまいましたが)。青木先生から今野・東定先生に「どうぞ、よろしくお伝え下さい」と伝言を賜わっておりました。
 さて、残念ながら池島炭鉱も閉山することになりました。一企業として競争力がない以上閉山は止む得ないのですが、無能ながらも石炭産業史を勉強している私にとっては、何とも複雑な思いがあります。この思いも含めて、早く何とか論文を採用して頂けるよう努力せねばと改めて思うのですが。
 なお、この見学記は資源・素材学会におきまして開催された見学会への参加をもとに書いたもので、『資源と素材』(旧『日本鉱業会誌』)に投稿したものです。
太平洋炭礦見学記
------------------
  草 野
------------------

2001年10月31日
 シンガポール
井上さんは間もなくパパになられるます。ただでさえ大変な出産も、海外勤務だとなお一層あれこれと大変だと思います。無事に元気なお子様が誕生されることをお祈りしています。お目にかかれるのを楽しみにしています。


今野先生
拝啓 大変ご無沙汰しております。JVC井上です。

 私がシンガポールに赴任してから早くも二年半が経過致しました。もう任期の半分を消化したかという思いと、あと二年半もあるかと思うとちょっとぞっとしますが。
 弊社の規定で、海外赴任後二年を経過した後に3週間の休暇を取得することができます。実際に3週間を取得した”つわもの”は今のところ一人しか知りませんが、来月の9日から20日まで日本に戻ります。9日は横浜の本社に出社しますので、実際に福岡に戻るのは10日以降になる予定です。もし、お手すきでしたら、焼き鳥「信ちゃん」にまた行きたいのですが、ご一緒して頂けますか?

 子供は未だに出てきません。医者が言うにはいつでも良い状態らしいのですがまだ出て来たくないようです。いまのところ、11月3日の予定で、そのまま行きそうです。早めに生まれれば、一泊二日程度でちょっとだけもどります。敬具
T. Inoue
JVC Asia Logistics Centre

2001年10月10日
 
草野さんからの報告「夕張見学記」です。 

 久しぶりのOBページです。私は9月26〜29日にかけて北海道へ行ってきました。目的は夕張の石炭博物館の見学と太平洋炭礦釧路鉱業所の坑内見学のためです。ですから今回もまた見学記を書いておこうと思います。なお、今回は夕張の見学記のみで、釧路の見学記は後日にさせて頂こうと思います。
 以下、「夕張見学記」です。
----------------
 草 野 
-----------------

2001年9月22日
 日中はまだ暑さを感じますが、朝晩はすっかり秋めいてきました。
 将来の進路としてロジスティックス業務に関心を持つゼミ生の一人がシンガポールの
井上貴之さんにメールを送りました。「今回頂きましたメールは本当にびっくりしました。いまどきこんなべたな泥臭い・汗臭い仕事を希望している学生がいるなんて夢にも思いませんでした」とのことですが、井上さんには業務の説明や将来に向けての丁寧なアドバイスを送っていただいたようです。ありがとうございました。今後も後輩たちへの応援をお願いします。近況をいただきましたので掲載させていただきます。JVCのアジア物流拠点の Manager として今後も益々活躍されることと思います。ゼミ後輩の在学生からもエールをおくります。そしてゼミ生もまけずに頑張りましょう!!


 ご無沙汰しております。
 決算期でもあり、通常であればメールを読む暇もないのですが、8月中旬にこちらのセンター内での組織を一部変更し、基本的な業務から高度な判断までローカルメンバーのみで処理できる体制に変えました。私は単にアドバイザー的な立場で本当にアドバイスするだけのManagerとなりました。
 最初は彼らもちょっとした戸惑いと緊張感がありましたが、既に1か月を経過して非常にうまく倉庫・事務所共コントロールできるようになっています。おかげで私は日本語通訳(未だに日本語だけで仕事をしようとしている人が結構多いんです)と新しいシステムの導入とか、既存の System 変更仕様書作成とか、やっと自分の仕事ができるようになりました。
 たまたま、今回は米国のテロに加え、新型ウイルスの対応に追われていましたが、通常であればすぐにでもお返事できると思います。今のところ業務に支障があることはありません。ご心配なく。全ゼミ生からメールを頂いても大丈夫ですよ。これぐらいさせて頂かないと未だにロハで今野先生から教えを乞うている身としては罰があたります。

 ちなみに、今回のウイルス騒ぎですが、こちらの感染源をたどると、どうも単純にメールによる感染ではないですね。新聞等で「インターネットを開くと特定のページで感染する」とありましたが、どうにも信じられませんでしたがそれが正解のようです。常にウイルスソフトをUpdateする必要がありますね。またまたウイルスソフト会社が儲かりますね。

 また長々と書いてしまいました。未だに要点をまとめるのが非常に不得手です。
それでは、失礼します。
T. Inoue
JVC Asia Logistics Centre
Finished Products Group

2001年8月6日
 暑い毎日が続きます。みなさんお元気ですか。シンガポールの
井上さんから近況報告です。そちらは年中暑いでしょうが、体調に留意して活躍してください。


今野先生
 ご無沙汰しております。シンガポールの井上です。このところ、日本はシンガポールよりも暑いようですね。お体大丈夫でしょうか。

 新しい倉庫システムも順調に稼動しており、通常の導入に比べれば非常に楽なものになっています。といってもやはり導入ですから色々と設定等に時間がかかりまた、プログラムの修正にも同様に時間がかかっています。おかげさまでこの一月、休みがありません。(もちろん土日含む)
 この忙しいときに、巷で話題の「SirCam」ウイルスに4台のPCが感染してしまい、このリカバリーにかなり手間取りました。新聞紙上で大騒ぎになる直前でしたのでみんなが大騒ぎしていたまさにその時にこのウイルスと格闘しておりました。ワクチンがまだできていませんでしたので、とにかく起動しなくなったPCのOS再インストールをサービスに指示したところ、ネットワークへの接続が適当になされてしまい彼らが帰った後にネットワークへの接続を自分でやるはめになってしまいました。こんなことなら、はじめから自分でやればよっぽど早くできたと思いましたが。

MPEG4 543kB
対応ソフトと容量にご注意
 そうそう、山笠のビデオ拝見させていただきました。本当に何年振りでしょうか。毎年、山笠に合わせて帰ろうと思いますがなかなかうまく行きません。福岡出身の同僚といっしょに見ました。彼も懐かしがっておりました。
 本当にありがとうございました。
 それでは、失礼します。
T. Inoue
JVC Asia Logistics Centre
Finished Products Group

2001年6月21日
 九州大学大学院の
草野さんからの報告です。着々と研究は進んでいるようです。今後もご健闘を祈ります。


 いつの間にか、OBページへの書きこみも途絶えたままになってしまい、相変わらずの怠け者です。
 さて、私は現在、浅井一彦という炭鉱技術者とその浅井氏が設立した財団法人石炭綜合研究所について調査をしています。この調査過程の中で、昨年、かつての所員であった穂積重友さんより「聴取調査」を実施する機会に恵まれました(なお、この「聴取調査」の概要は九州大学石炭研究資料センター編集『エネルギー史研究』 No.16、2001年に掲載しています)。その後、穂積さんとの連絡を継続し、今回(6月4日 元財団法人石炭綜合研究所所員 佐々木信郎氏、6月5日 元三井鉱山勤務 児玉清臣氏)再度調査を実施することができましたので、その調査やこれまでの調査をもとに「聴取調査」について若干の感想を書きとめておこうと思います。
------------------------------
 草 野
------------------------------

2001年6月14日
 シンガポールから
井上さんが一時帰国されました。10日の夜は久しぶりに焼き鳥「信ちゃん」を二人で訪ねて、山田さんにもお目にかかりました。翌11日には研究室を訪、ねてくださいました。畑瀬さんも一緒に昼食をとった後に、すこし学内を案内しましたが、いろいろな意味でキャンパス内の変貌には驚かれたようです。OBの皆さんの期待を裏切らないよう、よりよい母校になるよう、私も微力ながら努力したいと思います。


拝啓 今野先生

 先日は貴重なお時間を頂きありがとうございました。久しぶりの「信ちゃん」の焼き鳥も美味かったし、大学の変わりようにも正直びっくりしました。時代が変わればその時々で要求される大学に柔軟に変わらなければいけないのでしょうね。でも変わってはいけない部分もあるかと思います。これからの大学がどのように変わるのが良いのか判りませんが、ぜひ正しい方向へ導いて頂きますようお願い申し上げます。
 どうも日本の気温の変化についていけなかったようで、風邪をひいてしまいました。帰りの飛行機は耳が痛くて泣きそうでした。今日から出社していますが、多分昼ごろまででダウンしそうです。

 それでは、また連絡致します。ありがとうございました。
                                  敬具
T. Inoue
JVC Asia Logistics Centre
-Finished Products Group-

2001年5月30日

 この春に卒業してロイヤル(株)に就職された上田さんが、今日研究室を訪ねてくださいました。現在同社で研修中ですが、後輩のゼミ生はじめとする在学生の皆さんへのコメントを持ってきてくださいました。これからの就職活動の参考にしていただければと思います。上田さんの今後のご活躍をお祈りします。これからも後輩の皆さんに、いろいろなアドバイスや楽しいお話などをお知らせください。

  → 上田さん「私の仕事内容と思考」へ。


2001年4月3日
 シンガポールの
井上さんさらのお便りです。今年のゼミの卒業生は数なかったのですが来年は増える予定です。今日は平成13年度の入学式です。多くの後輩たちがキャンパスに登場しました。今朝は小雨模様です。フレッシュマンたちにはちょっと気の毒です。


大変ご無沙汰しております。
 2月・3月とさすがに決算期を迎え、3月最終の10日間は毎日、日が変わってから帰宅するような、本当に「寝に帰る」だけの毎日でした。最終の出庫量を計算すると、センター始まって以来の出荷物量を一月でこなしたことになってました。最終の10日間のみをみると通常月の一月分の出荷をしたことになります。一番出荷が少なかった昨年5月と比べると実に1.5倍の出荷をわずか10日間で処理したことになっていました。疲れるはずです。このようなただでさえ忙しいときに限って数か月前のミスを見つけられそのクレーム対応に追われたり、普段では考えられない出荷ミスをしてまたまたその対応に追われたりと、まさに「地獄の10日間」でした。
 今日は、監査会社から数名が派遣されて監査が行なわれています。半年に一度の監査ですが、毎回新人ばかり派遣されてくるため同じ説明をさせられます。とりあえず今日一日が終れば、しばらく静かな日々が送れそうです。
 先生のホームページで今年の卒業生の写真を見ました。たしか昨年弊社に来てくれた3年生ですよね。(卒業された人数が足らないような気がしますが、気のせいですか?)これからもがんばって欲しいですね。

 日本は桜の咲く季節ですね。しばらく桜を観ていません。こっそり桜だけを観に帰ろうかと思いましたが、そうもいきそうにありません。残念ですが、しばらく花見はお預けです。今年は8月頭が祖父の二三回忌がありますのでこの前には必ず戻ります。
 また連絡させて頂きます。皆様にもよろしくお伝えください。
   井 上
  ---------------------
  T. Inoue
  JVC Asia Logistics Centre
  -Finished Products Group-

卒業生のページ 最新のページをみる。

卒業生のページ 2001年3月以前のページをみる。
卒業生のページ 2000年3月以前のページをみる。
卒業生のページ 1999年7月以前のページをみる。

今野孝のホームページへ戻る。