2007年3月10日

福岡大学商学部 今野ゼミナール

商学部経営学科3年次生対象 オープンゼミナール
2006年度をもって廃止になりました。

研究テーマ : 経営史

研究内容 :
 経営史は企業経営のあり方を歴史的視点から分析・研究するものです。したがって、理論的に研究するのではなく、実証的に ―事実にもとづいて― 研究していくという研究方法に特徴があります。経営がどのように発展してきたのか、その発展に影響を与えてきた社会のあり方や、その経営の発展が私達の社会に与えた影響などについて、いろいろな面から研究します。

ゼミの進め方:
 3年専門ゼミと合併で開講する1年間のオープンゼミナールです。
 原則として、毎回テキストを講読しながらすすめていきます。テキストはもちろん経営史に関するものですが、軽い読み物ではなく、大学で学ぶにふさわしい、まさに「専門的」な学術書を読破したいと思います。いくつかテキストの候補がありますが、参加者の人数との関係もありますので、参加者が決まり次第決定したいと思います。
 毎回、報告者は報告内容の要約と必要な項目などの説明をまとめた資料を作成して報告します。その他の参加者はあらかじめ当該部分を十分に読んで理解に努め、疑問点を整理してゼミに出席します。自分で何度も読んで、わからないことを調べ、また報告後の質疑応答で疑問点を解決していけば、むずかしく思えた内容も必ず理解できるようになります。
2001年度夏期合宿研修へ
 大学の4年間のうちで「毎週、最も力を入れて勉強した」と胸を張って言えるような機会にしてゼミで学んでください。必須ではありませんが、すでに経営史概論を受講した人を歓迎します。

 ゼミでは何よりも学生の皆さんの主体的な行動が要求されます。同時にこのゼミでは、単に知識を得るだけではなく社会的常識やマナーなどについても厳しく指導します。そのことを理解して申し込んでください。なお、ゼミ活動では一切禁煙です。


ゼミナールのページへ戻る。
専門ゼミナールのページへ。
論文ゼミナールのページへ。


今野 孝のホームページへ戻る。

福岡大学商学部のホームページ