2017年7月30日
地域史料研究会・福岡の会誌『研究会報』

 当面は不定期にWEB版として発行し、このサイトに掲載しています。PDF版も提供していますので、ダウンロードして印刷していただくこともできます。印刷したものをご入用の場合は事務局にご相談ください。
 なお、会誌へ投稿をご希望の方は事務局編集委員会にご連絡ください。 henshu @ chiikishi.com

『研究会報』
内容一覧
 号数のリンクをクリックするとJPG画像で『会報』を表示します。各号のPDF版をクリックするとPDFファイルで閲覧することができます。印刷する場合にはPDF版をご利用ください。マウスの右ボタンをクリックすれば、ダウンロードして保存、印刷も可能です。
PDF版の閲覧に必要なAdobe Readerはこちらから→
    第 1 号    2011年12月発行  
 (131号) 新たな研究会の発足にあたって   秀村選三
PDF版
労農林遠里と京都の傲慢   西村 卓
九州歴史資料館のご案内   草野真樹
地域史料研究会・福岡 会則  
  研究会からのお知らせ  
 X             
第 2 号 2012年3月発行
 (132号)
PDF版
明治初年福岡藩の農兵隊成立の史料
 ―石橋文書にみる早良・志摩・怡土三郡への達書―
瀬戸美都子
懇話会報告(第2回、第3回)
研究会からのお知らせ
 X             
第 3 号 2012年9月発行
 (133号)
PDF版
明治10年代における三池築港構想をめぐって
 ―立花種恭宛大鳥圭介書簡の検討―
梶原伸介
懇話会報告(第4回、第5回、第6回)
地域史料研究会・福岡 会則 (2012年4月21日改正)
研究会からのお知らせ
 X             
第 4 号 2013年2月発行
 (134号) 福岡県共同公文書館が開館しました 山田 秀
PDF版 [提案] 「史料119番(史料よろず相談窓口)」の開設を
      ―未来へ渡す玉手箱作り―
山口信枝
大牟田市立三池カルタ・歴史資料館のご紹介 梶原伸介
研究会からのお知らせ(第7回懇話会報告)
 X             
第 5 号 2013年4月発行
 (135号) 真崎鉄工場と地域社会 長野 暹
PDF版 [資料紹介]
 山口市洞春寺所蔵
   「毛利隆元書状」・「毛利元就寄進状写」
板橋皓世
 X             
第 6 号 2013年11月発行
 (136号)
PDF版
被差別民のネットワーク
   ―『口達録』の記述から―
中村久子
幕末、小倉藩における皮革専売制度崩壊過程の一端 竹森健二郎
懇話会報告(第8回、第9回、第10回)
史料の情報を
研究会からのお知らせ
 X               
第 7 号 2013年11月発行
 (137号)
PDF版
「近世肥後八代領 = 宇土藩における上方抱え下し者」の表
 解 題
秀村選三
  X                 
第 8 号 2014年5月発行
 (138号)
PDF版
春日神社「由緒略記」についての一考察 田中由利子
研究会からのお知らせ
  X              
第 9 号 2014年6月発行
 (139号)
PDF版
鯨組深沢家と大村藩 柴多一雄
  X 研究会からのお知らせ
              blank                        
X 第10号 2014年8月発行 
 (140号)
PDF版
明治10年代前半の長崎港における大坂運航汽船と船主 東條 正
  研究会からのお知らせ        
     
第11号    2014年12月発行      
 (141号)
PDF版
とある小さな博物館施設の取り組み 尾崎葉子
  研究会からのお知らせ    
 
 
第12号    2015年6月発行      
 (142号)
PDF版
鯨組の記録管理
   ―西海捕鯨業の事例から―
古賀康士

  研究会からのお知らせ    
        blank        
     
第13号 2016年12月発行
 (143号)
PDF版
近現代における宮座の変容と持続
   ―江辻の「お日待ち」を事例として―
山口信枝

 
研究会からのお知らせ
   
第14号    2017年6月発行
 (144号)
PD版
随想 分田のあれこれ
   ―旧筑後国生葉郡新川村分田の生活覚書―
久良木チヨ

 
     
 
* 最新の情報が表示されない場合は、この画面上でマウスの右ボタンをクリックしメニューの「更新」または「最新の情報に更新」などを選んで表示させてください。
* ブラウザ上でPDF版のレイアウトが乱れる場合には、リンクを右クリックし、保存したうえでご覧下さい。


会誌の名称について
 (財)西日本文化協会 福岡県地域史研究所 が発行してきた『県史だより』の名称を当研究会の会誌として継承・刊行する予定でしたが、2012年4月21日に開催した2012年度会員総会において、会誌の名称を『研究会報』とし、あわせて『県史だより』からの通巻号数を表示することが決定されました。そのため、以前に掲出していた第1号・第2号については、題字等を修正したものをあらためて掲載しています。
 
『県史だより』(1〜130号)は、旧福岡県地域史研究所のアーカイブスサイトでご覧いただけます

ホームへ